1

プロミス 
プロミス 当日14時までにWEB契約すれば即日融資可能!
24時間対応だから、思い立ったらキャッシング可能
お借り入れ3秒診断は非常に便利!
メールアドレス登録とWeb明細利用は必須!30日間無利息!
即日でキャッシングしたいと考えている方にイチオシなのがプロミス!プロミスでは、メールアドレス登録とWeb明細利用を登録することで30日間無利息になりますから、利息を気にせず利用できるという絶大なメリットがあります。

プロミス 

実質年率
融資限度額
審査結果
4.5%~17.8%
1万円~500万円
最短30分

2

レイク
レイク年収3分の1以上、総量規制対象外の借り入れしたい方ならココです!
初めてのご利用の方30日間全額無利息!
安心の新生銀行のカードローン
即日でカード発行可能

レイク

実質年率
融資限度額
審査結果
4.5%~18.0%
1万円~500万円
最短30分

3

アイフル
アイフルアイフルなら1000円からご融資が可能!
最短で即日融資もできます。24時間ネットで申込可能!
来店不要!
最短30分で審査完了です!

アイフル

実質年率
融資限度額
審査結果
4.5%~18.0%
1~500万円
最短30分

アコム
アコム平日の14時までなら、即日振込可能が可能なアコム!
24時間ネットで申込可能!CMでも話題!
もちろん面倒な来店は不要!
必要書類はネット上で提出できます!

アコム

実質年率
融資限度額
審査結果
3.0~18.0%
1~500万円
最短30分

モビット
モビット三井住友銀行グループのパーソナルローン
10秒で簡易審査結果表示
24時間インターネットサービス受付
当日融資可能

モビット

実質年率
融資限度額
審査結果
3.0~18.0%
1~500万円
最短30分

スピード審査が特長のプロミス

最近は銀行カードローンまでもが即日融資を強調しており、最短30分で審査が終わることを強調している業者も目立ちます。

しかし、実際は最短30分で審査が終わる場合がありますという表現が見えます。これは利用者サイドの目線で知りたいことがはっきりしません。
つまり、平均的な申し込みから審査に掛かる時間はいくらなのでしょうか?

その意味から、実際に自分が数社でキャッシングした経験で言っている口コミもふくめて、審査から融資実行までのスピードではプロミスの右に出る業者は無いという口コミが目立ちます。

特に、プロミスのホームページでの借入シミュレーションの早さが話題になっています。

プロミスは充実した各種システムを備えており、利用者がログインすると直ぐに回答が出るようなシステムを構築しているんですね。

キャッシングの申し込みをして待たされる時間は通常よりも長く感じるますから、プロミスのような他の無駄なサービスにコストを掛けるよりも審査のスピードにも注力しているカードローンが便利です。

24

プロミスは超速でスピード審査カード発行時間は何分くらいかかりますか?

プロミスでスピード審査をしてもらう場合30分~40分で審査完了!という口コミが多いです。

だが、これはあくまで本人確認、勤務先確認、個人信用情報確認がスムーズに進んだ場合にプロミス審査時間が最短で30分~40分という、”審査間”の目安であるということを認識しておきましょう。

通常、オペレーター側で行われる書類作成の時間や、作成された書類を無人契約機内のマシンで受け取りサインを書き、その後カード発行手続きへ、といったことを考えると、実際のところ1時間近くキャッシングカード発行までに時間がかかるケースもあります。

ですが、これはあくまで何もプロミス側に融資申し込みせずに無人契約コーナーを訪れた場合の話。

プロミスのスピード審査の恩恵を受けるには、自宅でPCやスマホ(携帯電話)からプロミスのWEB申込みをして、自動契約機ではプロミスキャッシングカードだけを受け取るようにすればいいのです。

この方法だとプロミスの無人契約機内わずか5分以内で済むし、オペレーターの審査も待つ必要なく、スピード審査で超速カード発行することができます。

プロミスを返済しなかった場合は?

今回は、消費者金融からキャッシングしたお金を返済せずにいた場合において、どのようなプロセスを経て差押えまでいくのかといったことについて段階ごとにお話していきたいと思います。
まず、差し押さえというものは、一向に返済を行なわない利用者に対して消費者金融側が取る最後の方法であります。
まず、第1段階から見ていくと、この段階においてはまだ他の処罰から比べると軽微なものと言えるでしょう。具体的には“遅延損害金”といった罰金が科せられることとなります。そして、この罰金については、一番高いところで20%と決められております。
ちなみにこれは日割で計算され、延滞した日数の数だけ掛け算が行なわれることとなりますから、1日でも早く返すことが重要となってきます。
つづいて、第2段階として、返済を行なわなければならない日から1日もしくは3日程度で消費者金融側よりキャッシングの返済を延滞している方に対して、返済を促す電話を行なうものとされています。つまり、電話で催促を行なうということです。
この段階では、キャッシングをした者が単に返済し忘れているだけということもあり、キャッシングを行なった時と同様、親切な口調で話をしてくれるでしょう。
もし、キャッシングを利用した者と直接話が出来ない時は、キャッシング利用者本人の職場または家の人に電話をして、本人と直接話をすることを試みます。
当然この際の電話でも消費者金融とは分からないような工夫を行なった上で、電話がかかってくることでしょう。
よって、この段階ではまだ消費者金融を利用したことを家の人や職場の人間に知られるようなことはないでしょう。
第3段階になると、今度は督促状が送られてくることとなります。
これは、先ほどの別の人間を通しても本人と直接話が出来ていない場合です。
督促状は利用者の自宅に送られてくることになっています。
この督促状について端的に説明すると、“返済がまだ行なわれていないようなので、なるべく早期に返済を行なって下さい”と書かれたお知らせのようなものです。
さらにこれを放置してしまうと、消費者金融側はいよいよ、取り立てをしなければならなくなります。取り立てと聞くと恐怖を感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、それはドラマや映画の世界の光景であって、取り立てといっても現実には、暴力は一切行なわれず、ただ家に人が訪れてきて、早く返済してもらいたい旨を伝えるだけとなっています。
これは、暴力禁止ということを貸金業法という法律でそう決められていますから、安心して下さい。
また、この際の貸金業法についてもう少し見ていくと、訪問して家に滞在可能な時間は60分までといったことや、3人以上家に訪れてはいけない、朝の8時前といった早朝や夜遅い21時を過ぎての家への電話もしくは取り立ての為に家に訪れてはならないといったように、取り立てに関しても一定の規則は設けられています。
ですから、ある程度は安心して良いと言えますが、消費者金融側からすれば今までと同じような優しい口調とはならないでしょう。
ここまで来てさらに放置し続けてしまうと、第4段階として今度は信用情報センターにて事故の記録として残されることとなります。
これが俗に言うブラックリストとなります。
では、どれぐらいの期間延滞してしまうとブラックリストに残されるかというと、それは大体60日から90日とされています。
万が一このような状態になってしまうと、クレジットカード、カードローンを利用するためのカードも作成不能となり、さらにはローンでお金を借りることも不可能となります。
自宅、職場への電話もしくは手紙を用いた催促を行なっても何も応じず、さらには家を訪れての催促を行なっても何も応じないといったように、ここまで来てまだ返済をしないでいると、今度は、第5段階として消費者金融側からキャッシングした金額をこれまでのような分割ではなく、1度に返済してほしい旨を告げられることとなります。
このように言うとこれまでも返せていないのに1度になんてとても無理だと感じる方もいらっしゃるでしょう。ですが、消費者金融側もそんなことは期待しておらず、こうしたキャッシングしたお金の返済を1度に求めてくるということは、最後の手段を取るために用いているものだと考えた方がいいです。
その最後の手段というのは、この後にも出てきます差し押さえということになりますが、これは裁判所を通して行なうことになり、その際、“消費者金融側では全て手は尽くしたのにも関わらず、返済が行なわれないので、法的手段を用いてお金を取ってください“といったように依頼することになります。
そして、最後の第6段階となるこの差し押さえですが、これは先ほども少し触れましたが、裁判所が関わってくるものであります。法的手段ということもあり、利用者としても逃れることは不可能です。
差し押さえの金額としては、利用者の月給の25%までとされております。
このようなことは絶対にされたくないかと思われます。
そのためには、日頃からきちんと返済していくことを意識することが大事になってきます。
ここまで、差し押さえとなるまでについて段階ごとにお話してきました。 
この最終段階である差し押さえまで来てしまうと、もう何もすることが出来ず、法的に認められた手段であることから、逃げることも不可能とされています。
ですが、返済が多少遅れたぐらいであれば、この差し押さえとはなりませんので安心して下さい。
万が一何らかの理由で返済が遅れてしまった際には、極力早期のうちにキャッシングを行なった消費者金融へ電話し、いつ返済が出来るかといったことや、もしくは返済が難しい状況なので、どうしたらよいか?といったような話し合い等を行なうことによって、差し押さえを防ぐことが可能となります。