今回は、キャッシングを行なっていく上で、開設していると役に立つ6つの銀行の口座についてお話していきたいと思います。
初めに取り上げたいのは、楽天銀行であります。楽天銀行はネット銀行であり、ネット銀行の中においては日本で最も大きいとされている銀行であります。
そのため、利用者数を見ても、450万人以上と非常に多いです。
口座管理の手数料がゼロであり、また楽天銀行同士の振り込みであれば手数料がかかりません。
さらに、同行の利用により、楽天スーパーポイントも貯めることが出来ますから、非常に利用価値があります。
また提携を行なっている消費者金融や銀行のカードローンとしては、プロミス、楽天銀行スーパーカードローン、ノーローンが挙げられます。
ここで、楽天銀行スーパーカードローンとノーローンについてもう少し見ていくと、まず、楽天銀行スーパーカードローンは、ローソンに設置されているATMやスーパー等に設置されているイーネットATM、イオン銀行、セブン銀行、三井住友銀行においても手数料ゼロで利用可能とされていることもあり、便利なカードローンと言えるでしょう。
一方でノーローンは、1日中即時にキャッシングや返済を行なうことが出来るといった特徴を持っています。
つづいてジャパンネット銀行を見ていきたいと思います。
これは楽天銀行に次ぐ第2位のネット銀行となっています。三井住友銀行をはじめとして、イーネットATMやセブン銀行、さらには郵便局といったところで利用可能とされていますから、非常に便利に利用することができ、振り込みの際にかかる手数料も172円から270円と安い料金で利用することが出来ますから、利用者にとっては、非常に嬉しいことと言えます。
さらに当行を開設していることによって、Yahoo!オークションで利用されている“Yahoo!簡単決済”にも使えることからも、利用価値が高いことが分かります。
また、提携を行なっている消費者金融や銀行のカードローンとしては、プロミス、三井住友銀行、オリックスVIPカードローンが挙げられ、プロミスについては当行の口座を開設していることによって、プロミスの便利なサービス“瞬フリ”を利用することができ、オリックスVIPカードローンも同様に1日中時間を問わずに、キャッシングを行なうことが出来ます。
つづいて、三菱東京UFJ銀行を見ていきたいと思います。
この銀行は知らない人がいないほど、大きな銀行であり、メガバンクとも呼ばれております。
メガバンクということで、御客様からの信頼は厚く、コールセンターにおいても質の高さが伺えます。
インターネット上にも銀行を置いておりますから、1年を通して1日中利用することが出来ます。
提携を行なっている消費者金融や銀行のカードローンとしては、アイフル、プロミス、アコム、オリックス銀行カードローンが挙げられます。
ちなみに当行の口座を開設していることで、お手元のカードでキャッシングをすることが可能となる“マイカードプラス”といったローンを利用することが出来ます。
つづいて、セブン銀行について見ていくと、これはコンビニエンスストアのセブンイレブン等に設置されている銀行(ATM)であり、曜日や時間帯によっては手数料ゼロで利用することが出来ます。
また提携を行なっている消費者金融や銀行のカードローンとしては、アイフル、プロミス、ノーローン、アコム、ダイレクトワン、オリックス銀行カードローン、みずほ、楽天、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行といったように多数存在することもこの銀行の特徴であります。
こちらもインターネット上に銀行を置いておりますから、家に居ながら取引を行なうことが可能となっております。
次に、三井住友銀行について見ていきたいと思います。
この銀行も先ほどの三菱東京UFJ銀行と同様、日本における3大メガバンクと呼ばれていることもあって、非常に大きな銀行でありますから、知らない方はいらっしゃらないかと思われます。
当行と提携を行なっている消費者金融や銀行のカードローンとしては、プロミス、オリックスVIPカードローン、楽天銀行カードローンが挙げられます。
勿論、インターネット上にも銀行を置いております。
最後にイオン銀行について見ていきたいと思います。
イオン銀行は名前からもお分かりの通り、イオングループの各店舗に設置されている銀行(ATM)であります。
提携を行なっている消費者金融や銀行のカードローンを挙げるならば、アイフル、ノーローン、楽天銀行スーパーカードローン、ダイレクトワン、三菱東京UFJ銀行、オリックスVIPカードローンが挙げられます。
ちなみにイオン銀行においてもインターネット上に銀行を置いていますから、家に居ながら取引が可能となっております。