先月までであれば、消費者金融でキャッシングを行なっても毎月きちんと返済を行なってきたが、今月に限っては何故か突然のお金を要するような出来事が重なってしまって、返済に充てるためのお金がなくなってしまった。キャッシングをされている方の中にはこのような御経験をされた方もいらっしゃるかと思われます。
上記のような例としては、あなたの友達が同じ月に次々と結婚をすることになって、そのお祝い金として、多くのお金を使ってしまい、返済に充てる予定であった資金がなくなってしまった、こういったことが挙げられるかと思います。
もし、このような状況となってしまった場合、私達利用者側としては、どうすれば良いのでしょうか?
今回はこういった状況になった時に私達利用者が取るべき行動について、お話していきたいと思います。
皆さんの中に先ほどの事例を踏まえた上で、以下のように考えられた方はいらっしゃらないでしょうか?
“今月だけはどうあがいても返済は無理だから、1度ぐらいであれば返済を遅らせても問題ないだろうし、翌月にきちんとその分返済してしまえば良いかな?”
結論から言うと、これは、絶対やってはいけない典型的な例です。たとえその月に限ってやむを得ない出費が重なって返済が出来そうになくても、消費者金融に対して、何の話し合いもせずに返済を見送ってしまうのは絶対してはいけないことです。1度でも返済が遅れてしまうことによって信用にも悪い影響を与えます。このような状況になってしまうと、今度新たにキャッシングしようとする時に、審査が行なわれた際、マイナスの要素となってしまい、最悪そのことが原因で審査に通らなくなってしまうことも考えられなくもないです。今回のように確かに1度ぐらいであれば、それほど大変なことにはなりませんが、それが癖になってしまうことも考えられますし、“いつか返すから問題ない”といったようにあまり長い期間滞納を続けてしまうことによって、最終的に差し押さえまでに発展してしまうことがありますから、十分気を付けたいところです。ですから、「1度ぐらいの延滞であれば大した影響がないから問題ない」こういった安易な考えを持っている方は、今すぐそのような考え方は捨てた方が賢明だと言えます。
このようにキャッシングしたお金は翌月にきちんと返すのが基本であり、利用者もそういった意識を持ち、日々お金の管理をしていきながら生活を送っていかなければなりませんが、そのようにしていても、返済がどうしても無理だというときは、それが分かった段階で極力早期のうちに消費者金融と話し合いをするべきです。
この話し合いを行なうことで、利用者側が返済を行なう気があることを証明することが出来ます。そして、こういった意志を示すことが話し合いをすることの一番の目的であります。
ですから、決して、こういった話し合いを行なうことによって、返済を免除してもらえるということにはならないので、そこは勘違いしないでください。
そうは言っても、消費者金融側も1つの会社であり利益を減らさないためにも、絶対御客様を減らしたくはないので、返済が出来ないということを話すことによって、しっかり今後についてどうしたら良いかといった指示や、何らかの処置は行なってもらえます。
そういった指示や処置に関しては各々の消費者金融で異なるものですが、よくあることとしては、まずは金利分のみでも返してもらう、あるいは返済日を延長するといったことが挙げられます。
返済するお金がないといったことで自分が恥ずかしい思いをしたくないといった理由で、電話がどうしてもしづらいというのは分かりますが、返済が出来ないのにも関わらずそのまま放置している方が、消費者金融側もあなたを決して良く思わないでしょうし、先ほどのように信用にも悪い影響を与えます。かえってそういった連絡をしない方があなたも色々な意味で後々損をすることになるでしょう。
今回のキャッシングに限らずルールを遵守するというのは、人間として当たり前のことでありますから、返済が無理だと気付いたその時に、私達利用者の方から消費者金融に電話連絡をして、しっかりお詫びの気持ちと返済する意思があることをきちんと伝えることが大事な事ではないかと思われます。